真船豊のワークショップ!

お久しぶりです!
今日はお墓の草むしりをしてきました、さやかです。

お盆や実家帰りや
再会やまたしばしのお別れや、
皆様、今年はどんな夏をお過ごしでしょうか。



なァおしま、生れ故郷ほどせいせいすっとこはねぇなァ・・・
(戯曲:鼬の一節より)


故郷に帰るこの季節。
我々劇団ユニット・ラビッツでは・・・

今年も暑さに負けず!!!
ババン!!


真船豊ワークショップを行いました!!
冒頭の一節は、鼬という真船豊の作品のものでございます。

私の隣の家にも子どもたちが帰ってきていて
にぎやかに楽しい声が聞こえてきております。
あ、盗聴ではないです!

8月3日には、ミューカルがくと館にて
総勢19名のご参加を頂きまして、
ワークショップを行いました!



こちらの「眠り猫」を
3人1組になって各パートを読んでいきました。
この眠り猫、とっても面白いです。
眠り猫という作品は、
木彫りの猫(眠り猫)が目を覚まして働いている猫と入れ替わって
お互いにそれぞれの生活を生きてみて、
最後にはもとに戻りたくなって戻るという流れですが、
眠り猫が見た世界の描写が、その時代を風刺していて
お話し自体も面白いのですが、今読むという面白さもあります。
もし、ご興味ある方は、探してみてください!



ちょっとずつ真船豊が生きた時代のお勉強もいたします。
なんと、あの岸田國士の「最近の戯曲について」という文章にも
真船豊が登場しているんです。
青空文庫で検索してみるとご覧いただけます。

そう、何故私たちが真船豊なのか。
それは、2日目の真船豊ゆかりの地を訪ねるにて!

8月4日(土)真船豊生誕の地、福良町に集合!!


キーンコーンカーンコーン♪

今日の日直は、佐藤茂紀君と流山児祥君です。
1限目!歴史!

さすが、民謡の町です。立派な地図がありました。
そんな町で育った真船豊。



しっかりとした、資料が本となって残されておりました。

そして、湖南公民館館長のご協力を得まして、
福良町がどんなところだったのかを知る貴重な写真や文章が!






なんと、福良町では、終戦後にお芝居をやっていたという証拠が!
その数数十回に及ぶという記載も。
この文章を見た時は、血が沸騰するかのような興奮がありました!
写真の方には芝居衣装に身を包む方々、
ギターやアコーディオンを持つ楽器隊なんかも写っておりました。
豊かな文化生活がここにあったということがよく分かります!

2限目!探検!
町へ繰り出します!
撮影は、もうみなさん見覚えがあるのではないでしょうか、



ディレクターの太田龍馬さんです!

そして、辿り着いた先は、

真船豊生家!
しっかり「鼬」の文字。




こちらの生家の前に大阪屋さんというラーメン屋さんがございますので
そちらで昼食。

そして、午後も散策を致します!
歩く歩く俺たち流れる汗もそのままに~♪






はい。福良町という環境を肌で感じたわけです。
そして、今回のワークショップメインメニュー。



青松浜(せいしょうがはま)にて


なァおしま、生れ故郷ほどせいせいすっとこはねぇなァ・・・
(戯曲:鼬の一節より)




碑は、昭和54年10月建立されました。
こんな碑が猪苗代湖周辺にあっただなんて、と思う方も
いらっしゃるのではないでしょうか。
こんな風に、真船豊の息吹がいろんなところに。
ワークショップに参加できなかった方々も、もし猪苗代湖に行くことがありましたら
是非青松浜へ行ってみてください!

というわけで、これで2日間のワークショップは終了となりました。





実は、この「真船豊ワークショップ」

続きます!!
今回でおしまいでは、ございません!
今度は秋にワークショップ開催予定でございます!

もし、ご興味ございましたら、是非次回ご参加ください!
詳細に関しては、劇団HP・ブログ・SNSにて公開いたしますので
もうしばしお待ちくださいませっ!

次回は、
あの新入団員について、
そして、9月公演についてお知らせいたします!


それでは、暑さと湿気に負けず
良い夏を!



(合成ではありません。)


以上、さやかでした!



2018年08月14日 Posted byユニラビ at 01:20 │Comments(0)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。