真船豊のワークショップ!

お久しぶりです!
今日はお墓の草むしりをしてきました、さやかです。

お盆や実家帰りや
再会やまたしばしのお別れや、
皆様、今年はどんな夏をお過ごしでしょうか。



なァおしま、生れ故郷ほどせいせいすっとこはねぇなァ・・・
(戯曲:鼬の一節より)


故郷に帰るこの季節。
我々劇団ユニット・ラビッツでは・・・

今年も暑さに負けず!!!
ババン!!


真船豊ワークショップを行いました!!
冒頭の一節は、鼬という真船豊の作品のものでございます。

私の隣の家にも子どもたちが帰ってきていて
にぎやかに楽しい声が聞こえてきております。
あ、盗聴ではないです!

8月3日には、ミューカルがくと館にて
総勢19名のご参加を頂きまして、
ワークショップを行いました!



こちらの「眠り猫」を
3人1組になって各パートを読んでいきました。
この眠り猫、とっても面白いです。
眠り猫という作品は、
木彫りの猫(眠り猫)が目を覚まして働いている猫と入れ替わって
お互いにそれぞれの生活を生きてみて、
最後にはもとに戻りたくなって戻るという流れですが、
眠り猫が見た世界の描写が、その時代を風刺していて
お話し自体も面白いのですが、今読むという面白さもあります。
もし、ご興味ある方は、探してみてください!



ちょっとずつ真船豊が生きた時代のお勉強もいたします。
なんと、あの岸田國士の「最近の戯曲について」という文章にも
真船豊が登場しているんです。
青空文庫で検索してみるとご覧いただけます。

そう、何故私たちが真船豊なのか。
それは、2日目の真船豊ゆかりの地を訪ねるにて!

8月4日(土)真船豊生誕の地、福良町に集合!!


キーンコーンカーンコーン♪

今日の日直は、佐藤茂紀君と流山児祥君です。
1限目!歴史!

さすが、民謡の町です。立派な地図がありました。
そんな町で育った真船豊。



しっかりとした、資料が本となって残されておりました。

そして、湖南公民館館長のご協力を得まして、
福良町がどんなところだったのかを知る貴重な写真や文章が!






なんと、福良町では、終戦後にお芝居をやっていたという証拠が!
その数数十回に及ぶという記載も。
この文章を見た時は、血が沸騰するかのような興奮がありました!
写真の方には芝居衣装に身を包む方々、
ギターやアコーディオンを持つ楽器隊なんかも写っておりました。
豊かな文化生活がここにあったということがよく分かります!

2限目!探検!
町へ繰り出します!
撮影は、もうみなさん見覚えがあるのではないでしょうか、



ディレクターの太田龍馬さんです!

そして、辿り着いた先は、

真船豊生家!
しっかり「鼬」の文字。




こちらの生家の前に大阪屋さんというラーメン屋さんがございますので
そちらで昼食。

そして、午後も散策を致します!
歩く歩く俺たち流れる汗もそのままに~♪






はい。福良町という環境を肌で感じたわけです。
そして、今回のワークショップメインメニュー。



青松浜(せいしょうがはま)にて


なァおしま、生れ故郷ほどせいせいすっとこはねぇなァ・・・
(戯曲:鼬の一節より)




碑は、昭和54年10月建立されました。
こんな碑が猪苗代湖周辺にあっただなんて、と思う方も
いらっしゃるのではないでしょうか。
こんな風に、真船豊の息吹がいろんなところに。
ワークショップに参加できなかった方々も、もし猪苗代湖に行くことがありましたら
是非青松浜へ行ってみてください!

というわけで、これで2日間のワークショップは終了となりました。





実は、この「真船豊ワークショップ」

続きます!!
今回でおしまいでは、ございません!
今度は秋にワークショップ開催予定でございます!

もし、ご興味ございましたら、是非次回ご参加ください!
詳細に関しては、劇団HP・ブログ・SNSにて公開いたしますので
もうしばしお待ちくださいませっ!

次回は、
あの新入団員について、
そして、9月公演についてお知らせいたします!


それでは、暑さと湿気に負けず
良い夏を!



(合成ではありません。)


以上、さやかでした!
  

2018年08月14日 Posted by ユニラビ at 01:20Comments(0)

ユニラビ新情報解禁!

ユニラビからのお知らせです!

アーツイド東北・芸術文化支援事業
「劇団ユニット・ラビッツ公演作品上映会」
7月21日(土)・22日(日)の2日間にわたって、ユニラビの公演作品の映像を上映します!

言葉を失わないために。歌を失わないために。
上映する作品は、

7月21日(土)
2017年第14回公演
けんしん郡山文化センター・南会津御蔵入交流館にて公演
「新装怪天!ばけ~ション★プリーズ」

予告ムービーはこちら




7月22日(日)
2016年
space早稲田にて公演の
「幻影城の女たち-胡蝶ノ夢編-」

予告ムービーはこちら




両日共に上演後には、
パワフルなゲストをお招きしましてアフタートークを行います!
公演を見られなかった方も
一度見た方も是非いらっしゃってください!


詳細はまた近日公開いたします。


そして!



参加者大募集!!
『真船豊を読む』ワークショップ

ファシリテーター:流山児 祥(流山児★事務所)

真船豊
福島県安積町福良村(現在の湖南町)出身の劇作家・小説家
「鼬」「なだれ」「遁走譜」等の作品の著者

〇日時:8月3日(金)19時~21時
〇場所:郡山市ミューカルがくと館小ホール
〇内容:福島県出身の真船豊の小作品を読む
――――――――――――――――――――――
日時:8月4日(日)11時~17時
場所:郡山市湖南公民館
内容:湖南町にある真船豊の生家を訪ね、
   ゆかりの地にてフィールドワークを行います。

参加費:両日共に無料 ※2日目昼食実費

主催:文化庁・日本劇団協議会
協力:流山児★事務所 劇団ユニット・ラビッツ

お問い合わせ先 
劇団ユニット・ラビッツ 
メール   :unit.rabbits@gmail.com
電 話    :090-3648-0481
ホームページ:unitrabbits.com/


真船豊作品「なだれ」のラジオドラマを視聴したところ
とても興味深い作品でした!
今年の夏、
福島県出身の劇作家の本読みや
猪苗代湖周辺でのフィールドワークを一緒にしてみませんか?

経験・年齢・性別は問いません。
ご不明な点・詳細につきましては、
是非、劇団メール・電話・ホームページより
お問い合わせください!

お待ちしております!


  

2018年06月16日 Posted by ユニラビ at 18:22Comments(8)

6月16日の記事

おはようございます。
ご無沙汰いたしておりました!



さやかです!
皆様、お元気でお過ごしでしょうか。

桃色帽子に桃色手袋に桃色バインダー
桃色尽くしの紀子さんとさやか

一体何かというと・・・

 息吹 空に届け 



そう、「第69回全国植樹祭 ふくしま2018」です!
今回は、全国植樹祭メインアトラクション創作の裏側をお見せしたいと思います!



ことの始まりは、去年の春。
団長しげさん「植樹祭のメインアトラクションの演出をすることになった。」
団員「・・・え、?ええ?えー!?」
団長しげさん「ということで、今年の植樹祭会場の富山県にいってくる。」
団員「おおおおお!」

といって、
富山へ



(2017年5月28日佐藤茂紀Facebookページより)

帰って来たしげさんは、執筆活動へ。
福島の植樹祭。
しげさんは、何度も文字を紡いでは解き紡いでは解き
ついに出来上がった!

「あどけない空のその向こう」

そこに加わった強力演出チーム!!


作・演出:佐藤茂紀(劇団ユニット・ラビッツ)
構成:青木沙織(仮想定規)
作曲:ほんだまこと(仮想定規)
舞台監督:小林イワヲ(流山児★事務所)
衣装:竹内陽子(衣装デザイナー)

そこにアンダースタディ(役者の万が一があったときの代役)として
桃色姉妹、のりこ・さやか(劇団ユニット・ラビッツ)

こうして、私たちは大海原への旅へ!!

2018年2月に県内各地から参加してくださった高校生たちとの顔合わせ。
総勢約130名の高校生が参加してくださいました。

松岡、高校生のフレッシュなキラキラがまぶしくてまぶしくて。
これはすごいことになるとドキドキでした!

書きたいことが多くて全エピソードをお伝えできないのが残念!!
ちょっと早巻き!


ででん!
野球中継?
いやいや。これは、まだ植樹祭会場が出来上がる前の調査です!
実は、植樹祭会場のすぐ隣は海、そして舞台はとっても広大なのです。
お天道様次第の野外、そして広大な舞台への挑戦!
ということで、イワヲさんと共に何度も舞台と風の調査。さすが風がふくしま!

そっか!まだこの時期は長袖でした。ずっと前のことのようです。

→→早巻き→→


ぽかぽか~。
和みます~。
芝生も色づきましたね。

この間も高校生たちと稽古に没頭します。
ほんだまことさんが作曲してくださった8分間のミュージカルは
素敵で心地よく音と言葉と心の世界にいざなってくれます。
そこに、青木沙織さんがつけてくださった振付。
本と高校生たちの内に秘める思いがビシビシ伝わってきます。

福島にいること。福島で生きること。
美しく大好きだった空を信じたいのに疑ってしまう痛み。
智恵子と光太郎が愛した福島の空。

もっと先へもっともっと先へ!!



今回の衣装は、竹内さんのお手製です!
すべての衣装に愛が詰まっています。
本当にありがとうございました!!

2月3月の稽古では高校生たちも寒くて寒くて
体育館のボオオオオオと声のするおっきなストーブに集まっておりました。
だけども、春がやってきて。
夏のように暑い春がやってきて。


そのもの、赤きインパクトを持ちて大地の上に降り立つ。




のりこさーん!!
植樹祭の稽古も終盤となるころ。
白い布を纏い、アラビアのローレンスかのよう。
かっこいいよ!本当にかっこいいよのりこさん!
それに桃色手袋するんですよね。
闘ってます!!
(…何と?きっといろんなものと。)

高校生と共にお天道様の見ている下で大地を駆け回る春。
福島民友さんがとりあげてくださいました。
全国植樹祭、福島の復興『演技』で表現ありがとうございます!

そしてついに!!







やってきたのです。
1週間前から天気が心配でしたが
雨がずれてこんで、式典中は降らないという奇跡が起きました!

当日は、NHKにて生中継が放映されました。
この全国植樹祭は、メインアトラクションだけでなく、
たくさんの素敵な団体さんが参加されていました。

そして、本番です!




高校生たちが思いっきり走り出していく姿。
思いのままに歌い踊り大地の上に立つ姿。
大事な種を丁寧に手の中に掴み、それを笑顔で蒔く姿。

とにかくみんなみんな、
ありがとうございます!!

ご覧いただいた方からもたくさんの嬉しいお言葉を頂きました。

最初に頂いたのは、
演出チームが泊まっていた南相馬市にある浦庭館というお宿のお姉さん。
全て終わって帰り道、お世話になったお宿に伺ったときのこと。
しげさんの顔を見るなり、
駆け寄ってきてくださり、涙を流しながら
必死に思いを伝えてくださりました。

お姉さんそしてお母さん、とってもおいしいごはんと
温かいおもてなし、本当にありがとうございました。
必ずまた参ります。

福島民報さんがとりあげてくださいました。
息吹空に届け 高校生感動呼ぶ劇 全国植樹祭
ありがとうございます。

「確かにゲリラ戦でした。でもちゃんと復興へ、
いいえ未来へと向かっていきたいからこそのゲリラ戦です。
小さな声かもしれませんが、ほんとに大切なものを探していこうよと声をかけ続けていきたいです。
どっちが前でどっちが後ろかわからない今、
これからを生きていく若者たちと共に悩み考える時間と機会を持ち続けたいのです。」
―佐藤茂紀 Facebookより

そして、こちらも是非ご覧ください。
今回参加してくださった高校さんの1つ
尚志高等学校のホームページです。
全国植樹祭の記事が載っています。
尚志高等学校HP演劇部
ありがとうございます。

全国植樹祭から1週間がたちます。
まだ植樹祭のニュースを見るとうるっときてしまいます。
しかし!まだ私たちは走っています。
演劇で愛と幸せを!
そんな風を吹かせるべ!



次の投稿にて!ユニラビの今後をお伝えします!
どうぞ、ご覧ください!

以上、さやかでした!
  

2018年06月16日 Posted by ユニラビ at 16:44Comments(0)

映像制作!


 みなさんこんばんわ。副団長のひげササキです。今年のGWはいかがお過ごしでしたか?
 ユニラビは先日こおりやま某所にて、映像制作の依頼を受け、撮影を行いました。依頼していただいたのは、コンサルタント業の大國様。依頼内容は、東北の農業法人をいかにより良くするためにどのようなミーティングをしたら良いかの実演映像。一種のHowToものでしょうか。
 映像の狙いは、農業法人の方々に映像を見て頂き、話し合いのどこがまずかったのか、どこが良かったのかを吟味して、さらに良くなっているバージョンを見ていただくもの。つまり、似たような会話を何度も演じ、少しづつ、より良いミーテイングになっていくというものです。写真は団長シゲさん演じるイマイチなミーティング進行役が、やがてサイコーの進行役になってゆくところ。
 
 また別日に、私、ササキは個人面談の聞き役をやらせていただきました。面談相手の農業従事まもない若奥さんはメグミ。で、どうだったのかというと、繰り返しのやりとりの中でだんだんと会話が理想的に進むかたちになるのを演じ、まるで私自身が本当にスキルアップしているかのごとく感じたのです。それが、不思議に感動体験。

 もちろん、事前に台本をいただいて(しかも撮影の2週間前!だいぶ読んでおける!)読んでいるのですが、実際に撮影で演じるとまた違うわけで。しかも大國氏の書いた台本が、まるで当て書き(演者を想定して役を書くこと)になっているのです。いかにも団長が言いそうな、私が調子こきそうな展開で、ユニラビたちが返しそうな反応!大國氏は3月中旬に稽古見学に一度だけいらしてその夜ミーティングしただけなのに!団員のキャラ掴みまくり!だから演じていてもまるで自分の欠点が矯正されていくような快感が!ある意味苦痛が!?
 そして、この2回の撮影後、ディレクター大國氏とカメラマン河村氏を交えて懇親会。大いに語り、ブっちゃけまくったのでした。大國さん、河村さん、本当にありがとうございました。
 その後の稽古では、若手ユニラビがミーティング映像製作の経験を生かして、今後のユニラビのためにアイデアを振り絞ってくれていたり、少しでもユニラビを良くしようと、自分たち自身が充実した活動ができるようにと、どんどんと言いたいことを言ってくれたりと、ユニラビも活性化されている!?

 さて、以前にお芝居を経験してムズムズとやる気になってきているあなた。はたまた何となくお芝居に魅力を感じているあなた。春になって何かチャレンジしてみたいと思っているそこのあなた!
 ユニラビは絶賛団員募集中です!
〇年齢不問
〇性別不問
〇経験不問
興味を持った方はこちらへ!
TEL:090-3648-0481
Mail:unit.rabbits@gmail.com
是非是非ご連絡ください!
稽古の見学も随時受け付けております!

ヒゲ佐々木でした。  

2018年05月07日 Posted by ユニラビ at 23:44Comments(4)

ハイスクール劇王こぼれ話1〜衣装メイク篇

こんにちは!
ご無沙汰しております。安藤です。

去る3月24日、白河コミネスにて、
ハイスクール劇王内のエキシビション上演を
させていただきましたことは、
4月7日付ブログの通りです。
ご来場いただきました皆様、コミネススタッフの皆様には、
改めて御礼申し上げます。

今回は、上演に向けた稽古や上演当日のウラ話あれこれをお届けします!
こぼれ話が多すぎて一回ではお届けしきれないので、
とりあえず衣装メイク篇!GO!

まず…

このフリフリワンピースの後ろ姿は…


小夏役のマッキーさんです!
このカツラは使わなかったですが、パーマも可愛かったですねー。


ノリノリです。ウフフ。


続いては…


怪しいマスクの紀子。
色々と試着していましたが、これが採用されました。
実はこの花柄のシャツは女物でした。リゾート風シャツ?


さらに、メイクの試行錯誤の様子!


ヤス役の安藤です。
髪の毛は合計50本の三つ編みに!
本番前日から、野川君と紀子さんの
2人がかりで、2時間半をかけて作ってもらいました…ありがとうございました!



銀ちゃん役の紀子さん…です。
これは団長から「宝塚みたいにして」との指示があってやってみたものです。決して悪役ではないです。
本番は「宝塚の男役のプライベートシーン風のメイク」になりましたので、ご心配なく。

衣装メイク篇はこのあたりに!
次は稽古中のこぼれ話をお伝えできればいいなあと思います。

それでは!!

安藤




追伸


安藤は本番翌日に髪をほどいてみたら

こうなりました。

櫛でとかしたらマシになるだろうと思ったら

なぜか増えました。


チャンチャン♪







  

2018年04月17日 Posted by ユニラビ at 12:59Comments(3)