6月16日の記事

おはようございます。
ご無沙汰いたしておりました!



さやかです!
皆様、お元気でお過ごしでしょうか。

桃色帽子に桃色手袋に桃色バインダー
桃色尽くしの紀子さんとさやか

一体何かというと・・・

 息吹 空に届け 



そう、「第69回全国植樹祭 ふくしま2018」です!
今回は、全国植樹祭メインアトラクション創作の裏側をお見せしたいと思います!



ことの始まりは、去年の春。
団長しげさん「植樹祭のメインアトラクションの演出をすることになった。」
団員「・・・え、?ええ?えー!?」
団長しげさん「ということで、今年の植樹祭会場の富山県にいってくる。」
団員「おおおおお!」

といって、
富山へ



(2017年5月28日佐藤茂紀Facebookページより)

帰って来たしげさんは、執筆活動へ。
福島の植樹祭。
しげさんは、何度も文字を紡いでは解き紡いでは解き
ついに出来上がった!

「あどけない空のその向こう」

そこに加わった強力演出チーム!!


作・演出:佐藤茂紀(劇団ユニット・ラビッツ)
構成:青木沙織(仮想定規)
作曲:ほんだまこと(仮想定規)
舞台監督:小林イワヲ(流山児★事務所)
衣装:竹内陽子(衣装デザイナー)

そこにアンダースタディ(役者の万が一があったときの代役)として
桃色姉妹、のりこ・さやか(劇団ユニット・ラビッツ)

こうして、私たちは大海原への旅へ!!

2018年2月に県内各地から参加してくださった高校生たちとの顔合わせ。
総勢約130名の高校生が参加してくださいました。

松岡、高校生のフレッシュなキラキラがまぶしくてまぶしくて。
これはすごいことになるとドキドキでした!

書きたいことが多くて全エピソードをお伝えできないのが残念!!
ちょっと早巻き!


ででん!
野球中継?
いやいや。これは、まだ植樹祭会場が出来上がる前の調査です!
実は、植樹祭会場のすぐ隣は海、そして舞台はとっても広大なのです。
お天道様次第の野外、そして広大な舞台への挑戦!
ということで、イワヲさんと共に何度も舞台と風の調査。さすが風がふくしま!

そっか!まだこの時期は長袖でした。ずっと前のことのようです。

→→早巻き→→


ぽかぽか~。
和みます~。
芝生も色づきましたね。

この間も高校生たちと稽古に没頭します。
ほんだまことさんが作曲してくださった8分間のミュージカルは
素敵で心地よく音と言葉と心の世界にいざなってくれます。
そこに、青木沙織さんがつけてくださった振付。
本と高校生たちの内に秘める思いがビシビシ伝わってきます。

福島にいること。福島で生きること。
美しく大好きだった空を信じたいのに疑ってしまう痛み。
智恵子と光太郎が愛した福島の空。

もっと先へもっともっと先へ!!



今回の衣装は、竹内さんのお手製です!
すべての衣装に愛が詰まっています。
本当にありがとうございました!!

2月3月の稽古では高校生たちも寒くて寒くて
体育館のボオオオオオと声のするおっきなストーブに集まっておりました。
だけども、春がやってきて。
夏のように暑い春がやってきて。


そのもの、赤きインパクトを持ちて大地の上に降り立つ。




のりこさーん!!
植樹祭の稽古も終盤となるころ。
白い布を纏い、アラビアのローレンスかのよう。
かっこいいよ!本当にかっこいいよのりこさん!
それに桃色手袋するんですよね。
闘ってます!!
(…何と?きっといろんなものと。)

高校生と共にお天道様の見ている下で大地を駆け回る春。
福島民友さんがとりあげてくださいました。
全国植樹祭、福島の復興『演技』で表現ありがとうございます!

そしてついに!!







やってきたのです。
1週間前から天気が心配でしたが
雨がずれてこんで、式典中は降らないという奇跡が起きました!

当日は、NHKにて生中継が放映されました。
この全国植樹祭は、メインアトラクションだけでなく、
たくさんの素敵な団体さんが参加されていました。

そして、本番です!




高校生たちが思いっきり走り出していく姿。
思いのままに歌い踊り大地の上に立つ姿。
大事な種を丁寧に手の中に掴み、それを笑顔で蒔く姿。

とにかくみんなみんな、
ありがとうございます!!

ご覧いただいた方からもたくさんの嬉しいお言葉を頂きました。

最初に頂いたのは、
演出チームが泊まっていた南相馬市にある浦庭館というお宿のお姉さん。
全て終わって帰り道、お世話になったお宿に伺ったときのこと。
しげさんの顔を見るなり、
駆け寄ってきてくださり、涙を流しながら
必死に思いを伝えてくださりました。

お姉さんそしてお母さん、とってもおいしいごはんと
温かいおもてなし、本当にありがとうございました。
必ずまた参ります。

福島民報さんがとりあげてくださいました。
息吹空に届け 高校生感動呼ぶ劇 全国植樹祭
ありがとうございます。

「確かにゲリラ戦でした。でもちゃんと復興へ、
いいえ未来へと向かっていきたいからこそのゲリラ戦です。
小さな声かもしれませんが、ほんとに大切なものを探していこうよと声をかけ続けていきたいです。
どっちが前でどっちが後ろかわからない今、
これからを生きていく若者たちと共に悩み考える時間と機会を持ち続けたいのです。」
―佐藤茂紀 Facebookより

そして、こちらも是非ご覧ください。
今回参加してくださった高校さんの1つ
尚志高等学校のホームページです。
全国植樹祭の記事が載っています。
尚志高等学校HP演劇部
ありがとうございます。

全国植樹祭から1週間がたちます。
まだ植樹祭のニュースを見るとうるっときてしまいます。
しかし!まだ私たちは走っています。
演劇で愛と幸せを!
そんな風を吹かせるべ!



次の投稿にて!ユニラビの今後をお伝えします!
どうぞ、ご覧ください!

以上、さやかでした!
  

2018年06月16日 Posted by ユニラビ at 16:44Comments(0)

映像制作!


 みなさんこんばんわ。副団長のひげササキです。今年のGWはいかがお過ごしでしたか?
 ユニラビは先日こおりやま某所にて、映像制作の依頼を受け、撮影を行いました。依頼していただいたのは、コンサルタント業の大國様。依頼内容は、東北の農業法人をいかにより良くするためにどのようなミーティングをしたら良いかの実演映像。一種のHowToものでしょうか。
 映像の狙いは、農業法人の方々に映像を見て頂き、話し合いのどこがまずかったのか、どこが良かったのかを吟味して、さらに良くなっているバージョンを見ていただくもの。つまり、似たような会話を何度も演じ、少しづつ、より良いミーテイングになっていくというものです。写真は団長シゲさん演じるイマイチなミーティング進行役が、やがてサイコーの進行役になってゆくところ。
 
 また別日に、私、ササキは個人面談の聞き役をやらせていただきました。面談相手の農業従事まもない若奥さんはメグミ。で、どうだったのかというと、繰り返しのやりとりの中でだんだんと会話が理想的に進むかたちになるのを演じ、まるで私自身が本当にスキルアップしているかのごとく感じたのです。それが、不思議に感動体験。

 もちろん、事前に台本をいただいて(しかも撮影の2週間前!だいぶ読んでおける!)読んでいるのですが、実際に撮影で演じるとまた違うわけで。しかも大國氏の書いた台本が、まるで当て書き(演者を想定して役を書くこと)になっているのです。いかにも団長が言いそうな、私が調子こきそうな展開で、ユニラビたちが返しそうな反応!大國氏は3月中旬に稽古見学に一度だけいらしてその夜ミーティングしただけなのに!団員のキャラ掴みまくり!だから演じていてもまるで自分の欠点が矯正されていくような快感が!ある意味苦痛が!?
 そして、この2回の撮影後、ディレクター大國氏とカメラマン河村氏を交えて懇親会。大いに語り、ブっちゃけまくったのでした。大國さん、河村さん、本当にありがとうございました。
 その後の稽古では、若手ユニラビがミーティング映像製作の経験を生かして、今後のユニラビのためにアイデアを振り絞ってくれていたり、少しでもユニラビを良くしようと、自分たち自身が充実した活動ができるようにと、どんどんと言いたいことを言ってくれたりと、ユニラビも活性化されている!?

 さて、以前にお芝居を経験してムズムズとやる気になってきているあなた。はたまた何となくお芝居に魅力を感じているあなた。春になって何かチャレンジしてみたいと思っているそこのあなた!
 ユニラビは絶賛団員募集中です!
〇年齢不問
〇性別不問
〇経験不問
興味を持った方はこちらへ!
TEL:090-3648-0481
Mail:unit.rabbits@gmail.com
是非是非ご連絡ください!
稽古の見学も随時受け付けております!

ヒゲ佐々木でした。  

2018年05月07日 Posted by ユニラビ at 23:44Comments(4)

ハイスクール劇王こぼれ話1〜衣装メイク篇

こんにちは!
ご無沙汰しております。安藤です。

去る3月24日、白河コミネスにて、
ハイスクール劇王内のエキシビション上演を
させていただきましたことは、
4月7日付ブログの通りです。
ご来場いただきました皆様、コミネススタッフの皆様には、
改めて御礼申し上げます。

今回は、上演に向けた稽古や上演当日のウラ話あれこれをお届けします!
こぼれ話が多すぎて一回ではお届けしきれないので、
とりあえず衣装メイク篇!GO!

まず…

このフリフリワンピースの後ろ姿は…


小夏役のマッキーさんです!
このカツラは使わなかったですが、パーマも可愛かったですねー。


ノリノリです。ウフフ。


続いては…


怪しいマスクの紀子。
色々と試着していましたが、これが採用されました。
実はこの花柄のシャツは女物でした。リゾート風シャツ?


さらに、メイクの試行錯誤の様子!


ヤス役の安藤です。
髪の毛は合計50本の三つ編みに!
本番前日から、野川君と紀子さんの
2人がかりで、2時間半をかけて作ってもらいました…ありがとうございました!



銀ちゃん役の紀子さん…です。
これは団長から「宝塚みたいにして」との指示があってやってみたものです。決して悪役ではないです。
本番は「宝塚の男役のプライベートシーン風のメイク」になりましたので、ご心配なく。

衣装メイク篇はこのあたりに!
次は稽古中のこぼれ話をお伝えできればいいなあと思います。

それでは!!

安藤




追伸


安藤は本番翌日に髪をほどいてみたら

こうなりました。

櫛でとかしたらマシになるだろうと思ったら

なぜか増えました。


チャンチャン♪







  

2018年04月17日 Posted by ユニラビ at 12:59Comments(3)

兎達のお花見♪

こんにちは!!
さやかです!

先週、劇団ユニット・ラビッツ活動拠点
郡山市は、お花見盛りを迎えました!!

お花見がしたい!

ということで、
前日もまた松岡と野川君で下見にいったところ
風がびゅーびゅー、雨がぱらぱら。
紀子さんからも”今日の現地中継”がキングさん大先輩と共に送られ。
「だ、大丈夫かね!?」
「もしものことがあるやもしれぬ。プランBとプランCを練るのじゃ!!」
「あぶくま鍾乳洞とかボウリングとか!温泉とか!」
「よし、ファミレスで作戦会議だ!」

なんて、言いつつ当日。



晴れた~♪
ふぅ。安堵。

さて!本番ですよ!

陣営を構えるのじゃ~!


おおっ!スペシャルゲストの紹介をせねば!



群馬からいらっしゃいました!
ユニラビ創設メンバーの一人
吉原さんです!

素敵な笑顔です!
来ていただいて、本当にありがとうございます!!
ユニラビの先輩方にお会いできることも
嬉しいお花見☆

じゃんじゃん写真をのせますよ!


私の好きな1枚。
お二人の笑顔を見ていると、
こちらまで温かい気持ちになる不思議♪
桜が似合いますねぇ。

そして、かんぱーい!!


花より団子の我々は、
桜の下でわいわい。
花が咲く花が咲く!話の花が咲く!



おお。
キングさん大先輩。
いらっしゃっていただいて。
そして誰よりもお花を見ていた
キングさん大先輩。



お互いの
どうしようもない感。
男には特に手厳しいと噂される
キングさん大先輩とお近づきになるのだ。
野川君。

実は、お花見と謂えども
着込んでいても寒い今日この頃。
ということで、

とんとんとん豚汁をつくるよ!

お鍋をダンボールで囲み
コンロは完全に要塞と化す!
名づけて、ユニラビシステムッキッチン☆
蓋は可動式!




仕込みするぞー!
ダンボール!養生!ガムテ!
雨降ってきそうだな。
屋根作るか!なぐりもってっくっか!?
トントントントン

あれ!?ここは公演前の小屋の中?

違うよ!
今日は、お花見だよ!!


よし、火の気には気を付けて!



って、あ、あれ!?

ライフラインが途絶えたー!!

松岡、痛恨のミス。
末代まで語られるだろうと吉原さんに戒められる痛恨のミス。
なんてことだ。ガスが。ガスが。



わー!!
みんな凍えている。
寒いよ。寒いぞ。
ごめんなさいーい!!
しげさんが、調達にいっている間に。
現場はこのように。

そして!
しげさん到着!



ライフラインが復旧!!

はぁ。
これで、煮立つだろう。
なぜ、お花見でサバイバルをしているのだろう。

しかし!
きっと、待ちに待った豚汁は極上なはずだ!そうでなくっちゃ!

すいとんも入れるよ!
野川君は、実はボーイスカウトに入っていたらしい。
それじゃあ、野川君。
すいとん。頼む。



粉を足して、水を足して、また粉を足して、水足して。
ええい!混ぜまくれ!!
遂に!良い粘度に仕上がった!
ありがとう!ボーイスカウト野川君!



いいんでない?いいんでないの。
黄色い液体の隠し味も入れて。(鳥の油)
できあがりー!!

あー!出来上がりの写真がないぞ!
すみません!

それくらい、あたたかいのが嬉しかったので写真がありません。

みんなでホクホク
トン汁を食べていると
新たな出会い。



-Hey!Guys!!Where are you from!!

しげさんと紀子さんが声をかける。
おぉ!なんてグローバルなんだ!!
なんとなーく・・・
豚汁を勧めていることは分かるぞ!

豚肉を食べても大丈夫な方に豚汁をふるまう。

いやぁ。
まさか、こんな素敵な事件が起きるとは。

途中から、ゆうまも参加!


しげさんと紀子さんが思わず

-Hey!!

と声をかける。

-Hey!トン汁トライ?ジャパニーズミソスープ・・・ってゆうまじゃないか!!

ゆうまってグローバルな顔立ちだ!
新発見!


またワイワイ!

すごい!野川君!ワイルド!


お花見はやっぱり、お団子食べなくっちゃ。
急にみんなで、お団子の四つ目も縦に食べられるか検証。
はたまた、何のサバイバルですか。
なんでも遊びに変えてしまうユニラビ。



紀子さんとさやかは
縦に食べられないということに
わけのわからない負けず嫌いを発揮!
五分ほどあらゆる方向に団子串を動かし動かし。
稽古の時によく触る軟口蓋やら口の奥の方の構造を探り
探り探り。
タイムアウトとなったのです。

※良い子はマネしないでください。

そして、松岡やりたかった。
ダンボール川縁すべり!!

河原と言ったら滑る!
システムキッチンのためのダンボールじゃないんです。
滑るためのダンボールなんです!

そんな、お花見だからって食べて呑んででは
運動不足だなぁってウズウズしてきちゃうよ。
明日は筋肉痛だよ!


紀子さんと一緒に第一陣!




ってあれ?滑らない・・・。


「あ!!ダンボールの上をダンボールで滑ったら滑る!
巨大滑り台を作ろう!」(紀子さん)

おおおおおお!目から鱗だ!!
さすがは、ひらめき発明家の紀子さん!



というわけで、連ね連ね。
滑り台を作ったのです!
みんな滑って滑って。
アクロバティックなお花見となりました。




何も語らずとも
この笑顔が語ってくれている。



そして、夕暮れ。
来た時よりも美しく!
さぁ解散!帰るまでがお花見ですからねー!

こうして、兎達のアクティブお花見は過ぎて参りました。
走り続けるには、息抜きも大事です。
また何か、イベントやりたいですね!

新年度もスタートしましたので、
ムクムクと行動計画を練っているところであります。
今年度も劇団HP、劇団Facebook、劇団Twitter等々で情報発信して参りますので、
どうぞ、よろしくお願いいたします。

そして、これを読んでいるあなた!
春になって何かチャレンジしてみたいと思っているそこのあなた!
ユニラビは絶賛団員募集中です!
〇年齢不問
〇性別不問
〇経験不問
興味を持った方はこちらへ!
TEL:090-3648-0481
Mail:unit.rabbits@gmail.com
是非是非ご連絡ください!
稽古の見学も随時受け付けております!

以上!さやかでした!
  

2018年04月17日 Posted by ユニラビ at 01:10Comments(1)

お久しぶりです。どうも、えんしょーです。

ハイスクール劇王からもう2週間も経ってしまいましたが、
ご来場していただいた皆様、誠にありがとうございました。

ハイスクール劇王の打ち上げも行われ、なんと我らの名プロデューサー、大久保遊人さんも遊びに来てくれました。


また役者として復活すると言い残し仙台へ帰っていきました。

さて、季節はもう春。
いろんな人が、いろんな新しいことにチャレンジする春。
もちろん、ユニラビも新しいことにチャレンジしようと、日々の稽古も頑張っています(写真はない)。
そこで、これを読んでいるあなた!
春になって何かチャレンジしてみたいと思っているそこのあなた!
新天地へきて、何か始めたいと思っているあなた!
ユニラビは絶賛団員募集中です!
年齢不問、性別不問、経験不問!
キャストだってスタッフだってやれちゃいます!
迷ってばかりいたって仕方がない!
興味を持った方はこちら↓
TEL:090-3648-0481
Mail:unit.rabbits@gmail.com
是非是非ご連絡ください!



ではでは。  

2018年04月07日 Posted by ユニラビ at 21:58Comments(50)