11月公演役者紹介第1弾★

いつも劇団ユニット・ラビッツを
応援してくださっている皆様、こんばんは。
劇団ユニット・ラビッツ自称事務局、安藤でございます。

前回のブログで、ついに、発表いたしました
劇団ユニット・ラビッツ『幻影城の女たち-胡蝶ノ夢編-』!!

主宰佐藤茂紀の書き下ろし新作を引っ提げ、
佐藤茂紀×流山児祥の黄金コンビの再来で、
Space早稲田演劇フェスティバルに乗り込みます!!
乞うご期待!!

さてさて、これからは、このブログにて、
『幻影城の女たち-胡蝶ノ夢編-』
に出演する役者陣をご紹介していきます。

紹介第1弾は、我らが劇団ユニット・ラビッツ看板女優。
近いようで遠いあの日、怒りのあまり入団してから早10年。
劇団が公演を重ねるたび、彼女を待ち受けるハードルは高くなり、
もはやハードルというより走り高跳びのバーの高さに…。
それでも、彼女は、それを華麗に飛び越え、劇団の先頭を走り続ける!

皆様、もうお分かりの事でしょう、そう、

鈴木紀子です!!!

では彼女の意気込みを、どうぞ。

『地方の役者にとって、東京の役者さんと一緒の座組でお芝居を創るという事は、
ものすごい経験になるのだな、と最近やっと気付きました。
先日、坂手洋二さんの燐光群でお芝居をさせて頂いた時も、毎日が「目から鱗」でした。
その経験は、私の中に蓄積されているだろうし、
東京で得られた事を全部ユニラビに還元するつもりで稽古に励んでいます。

そして今回も、頼れる流山児★事務所の役者さんと、二度目の福島での芝居創りです!
主宰の佐藤の劇作は、どんどん良くなっています。
面白くならない訳がない!
私も負けていられません。
福島県産福島在住の役者だからこそできるナニかを、
必ずお客様にお届けします!!』

鈴木紀子のさらなる飛躍を、ぜひ、劇場でご覧ください。

次のご紹介は、最近東京で師匠を得、
パワーアップを果たして役者に舞い戻ってきた彼。
お楽しみに★

安藤めぐみ
  

2016年08月12日 Posted by ユニラビ at 20:37Comments(0)お芝居(演劇)

4月14日の記事


どうも皆さんこんにちは。
野川です。

本番まで残り一か月を切り、白熱した稽古になってます。

稽古の中で新たに発見し
役者同士で、刺激し合い!
刺激を受け合いながら日々進化してます!

もっともっと、いいものになるように
気合い入れて頑張るぞぉー!!



【公演情報】

劇団ユニット・ラビッツ 第13回公演
「鏡の国の怪人二十面相」

【作・演出】佐藤茂紀(劇団ユニット・ラビッツ)・・・新作書き下ろし

【ドラマターグ】流山児祥(流山児★事務所)

【公演情報】
2016年5月7日(土) 18:30~
2016年5月8日(日) 11:00~
2016年5月8日(日) 15:00~
開場は開演の30分前になります。
【場所】
郡山市民文化センター 中ホール(福島県郡山市堤下1-2)
会場には、お客様がご利用になれる無料の駐車場がございませんので、
公共交通機関でのご来場をおすすめします。
【料金】
前売一般 1,500円 
当日一般 1,800円 
高校生以下 500円
【チケット取り扱い】
 郡山市民文化センター
 郡山演劇鑑賞会
 カルテットオンライン チケット前売開始 2016年3月15日(火)
  https://www.quartet-online.net/ticket/im4ltmf
→各団員の予約フォームもございますので
お手数おかけしますが、各団員へお問い合わせください。

劇団ユニットラビッツHP http://www.unitrabbits.com/

皆さんのお越しをお待ちしております!
以上、野川でした。  

2016年04月14日 Posted by ユニラビ at 17:04Comments(0)お芝居(演劇)

ただいま!

お久しぶりぶりです!
およそ2ヶ月の東京出張から戻って来たのりこ(明智小五郎)です☆

のりこは、東京で修行をしてきました!
燐光群
「カムアウト」
作・坂手洋二
演出・藤井ごう
に出演するために、2ヶ月東京暮らし。
そして初のスズナリの舞台を踏んで来ました。
「カムアウト」にご来場くださいました皆様、本当にありがとうございました!

(バラし終わったスズナリの舞台にてw)


というわけで、ホームのユニラビに戻り稽古!

ああ、懐かしい稽古場。
懐かしい仲間。



かなり遅れての稽古参加で、申し訳なく思っていたのですが、沙也華(小林少年)の
「大丈夫です!明智先生が海外出張に行っていると思って頑張っていました!」
の一言にかなり救われました。

本当にね……
なんで明智先生はそんなに海外出張が多いんでしょうね?
海外で何をしているのでしょうかね?
そんな風に明智先生を疑ってみるのも、今回のお芝居のテーマでもあるんですよ。
そして10人いるはずの少年探偵団。
彼らはどこの誰なのでしょうか。巻数ごとに出てくるメンバーがあやふやなような……(笑)
そして、小林君!君はどこに住んでいるんだね?

など、江戸川乱歩「少年探偵シリーズ」を、この機会に読み返してみてはいかがでしょうか。
少年少女の頃、読みながらハラハラドキドキして憧れた少年探偵団。
大人になってから読み返すのもなかなか面白いものです。




私が東京出張に行っている間、若手はどんどんたくましく、頼もしくなっていました。



叩いている!



叩いている!
インパクトを使いこなしている……!



創意工夫を重ねながらシーンを創っている……!



叩いている…………!!!

いつの間になんて大人になったのでしょう(色んな意味で)!

私も負けていられません。

東京で吸収してきた事を、全部ユニラビに還元します!
そして中にいては見えなかったユニラビの良いところをもっともっと伸ばします!

私自身も、みんなに置いて行かれないよう頑張ります!

「同じところに留まるためには全速力で駆けなければならないのだよ、明智君。」

同じところに留まるもんか!
前へ!少しでも前へ!!
希望の光が灯る未来のために!

ユニラビがある有り難さを噛み締めながら、福島でお芝居ができる喜びを噛み締めながら頑張ります。

今回、実は3役を務めさせて頂くのりこでした☆  

2016年04月12日 Posted by ユニラビ at 23:51Comments(0)お芝居(演劇)

お久しぶりでございます。

どうも、えんしょーです。
あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

寒くなりましたね。私の財布も例年より厳しい寒さです。
12月の公演が終わり、稽古場の大掃除(全撤去)も終わり、次の公演へ向けて話が進んでいる今日このごろです。

今月はのりこさんによるワークショップのレクチャー。
のりこさんに頼らずワークショップが開けるよういろんなワークショップをやっています。
1/11、1/14は身体、心を動かすワークショップ。

踊ってるように見えるけど、今何してるのゲーム。
遭難した野川くんをヘリ(沙也華さん)が救助に向かってるの図。

これは吊橋です。
我が強いと譲ってもらえます。

ワークショップはやったことも大切だけど、その後のフィードバックも大切。とてもとても大切。

1/19は自主稽古、1/21は座学でした。写真はないです。ごめんなさい。
座学はのりこさんが持ってきてくれたスタニスラフスキーの書いた「俳優修業」をやわらかくして訳してまとめた本をもとにお勉強。
勉強大切。すごくすごく大切。身にしみた。

さて、今回のブログはここまで。次は、5月公演がユニラビ初舞台、沙也華さんです。よろしく。

ではでは。  

2016年01月22日 Posted by ユニラビ at 01:45Comments(0)お芝居(演劇)

第13回本公演

団長、佐藤茂紀のFacebookより



新作タイトル発表!

「鏡の国の怪人二十面相」

5月7日(土)〜8日(日)
郡山市民文化センター 中ホール

「同じところに留まるためには全速力で駆けなければならないのだよ、明智君。」
★第2次世界大戦後、怪人二十面相は初めての殺人を犯す。非暴力の美学を貫いてきた二十面相。戦時中休筆していた乱歩が再び筆をとって描いた二十面相は何かが大きく変わっていた。そして明智小五郎も小林少年さえもである。そんな彼らが現代に甦える。いやまてよ、これは現代なのか?これはいつのお話だ?
「嗚呼、小林くん、君にスマホは似合わないよ!」
「黙りたまえ二十面相!その格好、それは変装ではないよ。それはコスプレだ!」

乞うご期待!!

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ついにタイトルが決まりました!中身もとっても面白そうなんです!!
団長しげさんは、毎日寝ずに鋭意執筆中!
(そして劇団員たちもしげさんのフェイスブックで自分たちのやる公演のタイトルを知るという衝撃icon14

その間に動く制作陣、そして鍛錬を怠らないぞ役者陣!



せーの!

よいしょー!

走り込んでずざーっ!!


「あれからのラッキー☆アイランド」の稽古でせっかくついた柔軟性と筋肉を無駄にはしないぞ!


そしてのりこは実は2月から2か月東京に行ってしまうので、その前にたくさん稽古をしなければ!
ということで今日も今日とて稽古です!


団員のりこでした☆  

2016年01月14日 Posted by ユニラビ at 15:32Comments(0)お芝居(演劇)

ユニット・ラビッツ2016

引き続き団員のりこがお届けいたします。

こちらも本当にたいへんたいへんたいへ~~ん遅くなって申し訳ありません。



(年賀状で使わせていただいた写真です)


明けましておめでとうございます


新春のおよろこびを申し上げます。
皆様におかれましては良き新年をお迎えのことと存じます。
昨年中は並々ならぬご厚情を賜り、厚く御礼申し上げます。
本年も昨年同様、ご指導の程よろしくお願いいたします。
皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

・・・・・・のりこは難しい日本語が苦手です。。。
一生懸命書いてみましたが、内容よりもパッションで伝えたいことは、


去年もたくさんお芝居ができてすっごく嬉しかったですっface05
これも本っっっっ当に皆様のおかげなんですっicon06
本当にありがとうございますハートきらきら
今年もさらにさらに面白いお芝居創るからね星
頑張っちゃうぞ~~~!!絶対絶対観に来てくださいねicon06icon12星


です。日本語が不自由でごめんなさい(笑)
でも、心から皆様にありがとうを言いたいんです!!!



というわけで、ユニラビは、初会議、初稽古をすませ、(なぜかまだ新年会はしていない……写真では飲んでいるのに……)今年も盛りだくさんの予定です。

次は5月の劇団ユニット・ラビッツ第13回本公演!!
それにむけて絶賛稽古中です!

そして、劇団員募集中です!
お芝居ってなに?やってみたいかも。。。でも不安。。。
大丈夫!一度稽古場に気軽に見学にきてくださいな。
連絡先は
090-3648-0481
unit.rabbits@gmail.com
までお気軽にどうぞ☆


ふだんからのんびりでぼや~っとしすぎている団員のりこから、かなりおそい新年のご挨拶でしたうさぎ  

2016年01月14日 Posted by ユニラビ at 15:03Comments(0)お芝居(演劇)

あれからのラッキー☆アイランド

お久しぶりです。お久しぶりすぎて本当にごめんなさい、団員のりこですface10

ブログを更新していない間、私たちは


「あれからのラッキー☆アイランド」

というお芝居を、郡山と東京で上演しました。以下詳細です。


※この公演は終了しています
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
フクシマ「劇団ユニット・ラビッツ」×トーキョー「流山児★事務所」
文化庁委託事業「平成27年度戦略的芸術創造推進事業」
ステップアップ・プロジェクト【主催】文化庁、公益社団法人日本劇団協議会
『あれからのラッキー☆アイランド』
【作】 佐藤茂紀(劇団ユニット・ラビッツ):新作書き下ろし
【演出】 流山児祥(流山児★事務所)
【出演】
鈴木紀子、野川和希、遠藤聖汰、伊藤諒人、堀内直美、柳沼耀斗
(以上、劇団ユニット・ラビッツ)
栗原茂、山下直哉、佐原由美、森諒介、星美咲、流山児祥(以上、流山児★事務所)
めぐろあや(楽塾) 成田浬 / 藤井びん / 大久保鷹
【福島公演】
日程:2015年12月3日(木)・4日(金) 19:00~
          5日(土)・6日(日) 14:00~
場所:郡山市中央公民館・勤労青少年ホーム 多目的ホール
前売券 2,500 円 当日券 2,800 円 U25・学生割引 2,000 円
高校生以下 1,000 円 【全席自由】
【東京公演】
日程: 2015年12月9日(水)19:00~     
        10日(木)19:00~※アフタートークあり。
        11日(金)14:00~
           19:00※アフタートークあり。
        12日(土)14:00~ 
           18:00~※アフタートークあり。
        13日(日)14:00~
場所:Space早稲田
前売券 3,000 円 当日券 3,300 円 U25・学生割引 2,500 円
高校生以下 1,000 円 【全席自由】
割引チケットは、日本劇団協議会、流山児★事務所のみ

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

こんなお芝居だったんですよ~☆
と、写真をちらり。



走っています!しょっぱなから全力疾走でした!




ダンスやリフトにも初挑戦!振付師のまみ先生、本当にありがとうございました。







若手が動く!若手が走る!えんしょーさん、ハム、野川君、あきと、1場で汗びっしょりです。




若手たちは2役3役と演じながら殺陣もある!!





半分白塗りしてあるのはお芝居の設定。70年後の未来を描く近未来SEエンターテイメント!




最年長若手のりこ(笑)も頑張るわけですよ!こんな短いスカート履いたことない←(そこかい!)




そして、未来のために、希望のために、私たちは闘い走り分かち合い愛し合うのだ!!


こんなお芝居だったのです。
もっと見たい!というありがたい感想をもってくださった方!
劇団ユニット・ラビッツのフェイスブックにたくさん写真や稽古風景、色んな出来事(飲み会w)などを載せてあります、こちらもどうぞ!
https://www.facebook.com/unitrabbits/timeline


ユニット・ラビッツ初のコラボレーション!
本当に学ぶことが多く、稽古の一瞬一瞬が真剣勝負。
お芝居の先輩方にも熱い指導をいただき、本当に幸せな公演でした。


本当に素敵な方々と一緒に、熱く、楽しく、悩みながら、汗をかきながらお芝居を創りました。
大好評で、東京では毎回満席札止め、追加公演まで行うほど!!

こんな経験をさせてくださった流山児★事務所のみなさん、めぐろあやさん、成田カイリさん、藤井びんさん、大久保鷹に本当に感謝です。
そして、観に来てくださったたくさんのお客様、
関わってくださったたくさんの方々、
応援してくださったたくさんの方々、本当に

ありがとうございました

ブログで頂いた劇評などもUPしていきます☆


ユニット・ラビッツはこれからも走りつづけます!

新年明けてからのご報告、ご挨拶となってしまって申し訳ありません。
ブログも頻繁にUPしていく予定ですので、これからもどうぞよろしくお願いいたしますうさぎ  

2016年01月14日 Posted by ユニラビ at 14:12Comments(0)お芝居(演劇)

8月27日の記事

おはようございます。
さやかです。

なんでしょうねこの寒さ。
体調はいかがですか?


その寒さに負けず劣らず
今日も元気いっぱいのラビッツを
お写真多めでお届けします。


まずはコチラ…



最近のブログにはあまり登場されてなかった方々が。

よくよく考えると私にとっては、
やぎさんと一緒に稽古するのは初めてでした。
それはそれはディープなインパクトを
残されていかれました。えぇ。

そして、高校の後輩で劇団の先輩
たすくくんも稽古に参加!
現在は、関東より帰省中らしいです。
お疲れ様です。


そんなわけで、今日は
私にとって、いつもと一味違った稽古でした。




あれ?



あれれ?




あれれれ?


団長さんとのりこさんからお借りした
ある台本を読み合わせしているところですが、

知らない間にみなさんポーズを決めている。

そんなばなn((ばかな!!




素敵なキメ顔ですね。



以上
今日の稽古の様子でした。



つーぎーはー
誰でしょうっ!!
乞うご期待!

次回をお楽しみに。うふふ。




  

2015年08月27日 Posted by ユニラビ at 23:39Comments(0)お芝居(演劇)

ペーパーズ

你好!(こんにちは)
台湾から帰ってきた野川です。

さて、昨日の稽古では、ペーパーズというのをやりました。
エチュードの進化版みたいなものです。
適当な紙にセリフを書き、それをお芝居をしている拾い読み上げていきます。
今まで続けてた話と全く関係のない台詞が来ても理由をつけて進めるゲームです。
(説明が分かり辛くてすみません)

台詞が書いてある紙を裏にし、置いておきます。


拾った後、一瞬戸惑ういわっち。

突然、「僕、実はメソポタミア人なんだ」が出たり、「わぁ、蛍がいぱ~い」が出たり…。
そのタイミングでその台詞!?ということが多々ありました。
このゲームかなり面白いので皆さんも是非やってみてください。

では、次のブログは松岡さん、よろしくお願いします!
  

2015年08月21日 Posted by ユニラビ at 12:01Comments(0)お芝居(演劇)

パレスチナ特集終幕‼

8月9日(日)、
国際演劇交流セミナー パレスチナ特集
ワークショップ及びリーディング公演
ご好評のうちに終幕を迎えました!

ワークショップにご参加いただいた皆様、
そしてご来場いただいたお客様、
ありがとうございました!!

9日の模様を、ユニラビ真山がお伝えします。
まず、急きょ予定を追加して、
①ワークショップ参加者による発表
「私の福島」(「難民キャンプで遊んで」福島版2015)
②そして、ユニラビ役者男性陣3名、演出岩田隼による
「3in1」のリーディング公演
が行われました!

私は、最終日の観劇のみの参加だったのですが、
舞台上にあふれる熱気、役者陣のエネルギー量に驚きました。
誰もかれも、身体と心が開いた状態で舞台上にいて、
表情がキラキラと輝いていました。

参加していたユニラビメンバーも、何だか普段とは違う面持ちで…
「3in1」も、ワークショップ前とは違う雰囲気になっていました。
一体どんなワークショップだったのかと、不思議に思っていたところ、
講師であるイエスシアターのイハッブ・ザハダァさんを見て納得しました。
私には彼の言葉は分からない、
それでも彼のたたずまい、表情、仕草から伝わるプラスのエネルギー!

そんな彼が「世界中どこに行っても演劇人はつながり合える」と
言うのを聞いて、本当に嬉しくなりました。
人と人がつながり合える手段はたくさんあるけれど、
その中でも演劇の持っている力を感じました。
「パレスチナのファンであり、また公正であることのファンであってほしい」
というイハッブさんの最後のコメントを大事に心にしまって帰宅しました。

その後、イハッブさんとの交流会もあったようですので、
その様子や、ワークショップ参加の感想などは、
他のメンバーに伝えてもらおうと思います!
  

2015年08月11日 Posted by ユニラビ at 12:52Comments(0)お芝居(演劇)告知